2015年の総市場規模は16億ドルを超える見通し

CCRES ALGAE TEAM
㈱グローバル インフォメーションは、米国の市場調査会社SBI Energy (aka Specialist In Business Information)が発行した報告書「藻類バイオ燃料技術:世界市場および製品動向(2010年~2015年)」の販売を開始しました。

2005年から2007年までの藻類バイオ燃料産業への企業の参入は、原油の高値および環境上の懸念から拍車がかかり、550%と記録的に跳ね上がりました。しかしそれ以来、原油価格は下落し、先頃の金融危機が多くの産業の障害となっています。同レポートによれば、「藻類バイオ燃料への関心は現在も維持されています。しかし同時に、産業は期待の先走りに苦しめられてもいます。」と報告されています。藻類によるバイオ燃料製造技術の現在の市場は、相当量の開発活動と規模を縮小した試験で構成されています。今後はデモンストレーションと商業利用が進められ、藻類によるバイオ燃料製造の各種新技術が2015年には総市場の3分の1を占めるに至るでしょう。

なぜ 藻類なのか?

藻類は原料油としての使用が可能です。つまり、藻類はバイオディーゼル、再生可能ディーゼル、再生可能ジェット燃料、藻油、航空用バイオ燃料、バイオガソリン、エタノール、バイオメタン、ブタノール、水素など、実に多くのバイオ燃料の製造用に加工が可能ということであり、これはすばらしいメリットです。また、藻類によるバイオ燃料製造は、ケイソウ類・ラン藻類・緑ソウ類の遺伝子組み換え、養殖用オープンポンドまたは光バイオリアクター、燃料処理用リファイナリー・ダイジェスター・ファーメンター、抽出用プレスおよび遠心分離機といった幅広い技術を必要とします。

藻類バイオ燃料の製造技術市場の今後の展望とは?

藻類バイオ燃料の製造技術市場は、養殖技術の売上が大半を占めると予測されています。残りの市場は採取、抽出、燃料製造設備の区分が占める見通しですが、これらは2015年には、合計で16億ドルを超える市場規模に成長すると予測されています。同レポートによれば、「2010年には推計2億7,100万ドルとされる同市場のこの成長は飛躍的なもので、約43%との年間成長率の予測もあわせ、この数値は同産業が急速に変化を遂げ、進化する産業であることを明確に示すものです」と報告されています。

市場調査レポート: 藻類バイオ燃料技術:世界市場および製品動向(2010年~2015年)Algae Biofuels Technologies – Global Market and Product Trends 2010-2015

Tagged , , , , , , , , , , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: